大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

新築なら絶対に地震保険に加入するべき理由


一戸建て

マイホームを購入するときに、ほとんどの方が加入を検討するのが火災保険かと思います。
一方で、地震保険については、「周りの人もあまり入っていないようだし、入らなくても大丈夫かな?」と思っている方もいるでしょう。
実際、火災保険とセットで加入できる地震保険への加入は、まだまだ多くはありません。
しかし、マイホームをお持ちの方、特に「新築」の場合は絶対に地震保険に加入するべきなのです。
そこで今回は、地震保険に加入するべき理由について説明したいと思います。

「火災保険」と「地震保険」の違いとは?

まず、火災保険と地震保険の違いを簡単に確認してみましょう。


火災保険は、火災から対象物(家や家財)を補償するものですが、地震や噴火を原因とする火災は、補償対象外となっています。
つまり、地震や噴火を原因とする火災からの補償を考えておくならば、地震保険にも併せて加入しておかなければならないのです。


しかし、地震保険の付帯率は、全国平均で約65.2%しかありません。
https://www.giroj.or.jp/databank/earthquake.html
(2018年度・損害保険料算出機構より)


地震保険への加入が進まない理由としては、
「この地域は過去数十年間、大きな地震が起きていないから」
「地震保険で受け取れる保険金が少ないので入りたいと思えないから」
「地震保険料が高いから」
などがあるようです。


しかし、近年、地震が多発している日本。
いつ・どこで大きな地震が起きるか分かりません。
そのため、マイホームをお持ちの方、中でも新築を建てたばかりの方は、地震保険に入っておくことを強くおすすめします。
そこで、新築の場合に地震保険に加入するべき理由について2点ご紹介したいと思います。

①新築で火災に遭うと住宅ローンの返済が…

火災

新築の住宅で、火災に遭うと大変です。
もし、マイホームが火災に遭ってしまうと大変であることには、新築・築古問わず関係ありませんが、特に新築で火災に遭うと、住宅ローンの返済に困ってしまう可能性が高くなります。


新築=住宅を購入したばかりということですので、当然住宅ローンの残りも多い状態です。
火災に遭っても火災保険の補償を受けられるならば、


・マイホームを再建する
・火災保険の保険金を住宅ローンの残債に充てる


といった選択肢をとることができます。


しかし、この火災が「地震を起因する」ことにより発生したとしたら、どうでしょうか?


火災保険では、地震は免責、つまり補償対象外となります。
火災保険にだけ加入していても、保険金はおりないため、自力で生活や自宅を再建しなければなりません。
そうなると、住宅ローンの返済に困ってしまう可能性も高くなります。


つまり、新築だからこそ、火災保険に限らず地震保険も併せて加入しておくことをおすすめします。

②新築だと保険料の割引を受けられる

家の模型と電卓

地震保険は、どこの保険会社から加入しても保険料は同じですが、保険料の割引は受けられます。
(制度として決まっているものですので、割引の内容はどこの保険会社も同じです。)


新築の場合に適用される割引が、建築年割引というものです。
具体的には、昭和56年6月1日以降に建築された物件なら、この割引条件を満たすわけですが、新築を購入すれば無条件にこの割引を受けられるということになります。


せっかく地震保険料の割引を受けられるのですから、地震保険へ加入しておいた方がいいでしょう。


今回は、新築なら絶対に地震保険に加入するべき理由ついてご紹介させていただきました。
近年では、日本各地で大きな災害も相次いでいます。
大切なマイホームを守るためにも、火災保険に入る際には「地震保険」への加入もぜひセットで検討してみてくださいね。