大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

建売住宅と注文住宅、どちらが向いてる⁉~それぞれの特徴を知って決めよう~


shutterstock_122190907

一戸建て住宅には、建売住宅と注文住宅がありますが、あなたがお家を建てるときにはどちらがいいと考えていますか?

今回は、それぞれの特徴をご紹介、それぞれの住宅がどういうタイプの人に向いているのかをご提案します。

建売住宅と注文住宅の違い

簡単にいえば、すでに建っている家を土地ごと買うのが「建売住宅」で、土地は別に購入し、家の建築を依頼して一から建てるのが「注文住宅」です。


建売住宅の場合は買主と売主が「売買契約」を結び、注文住宅は施主と建築を請け負う側とが「建築工事請負契約」を結ぶというように、契約の種類も異なります。

土地・環境

shutterstock_1163650744

土地がセットになっている建売住宅の場合は、住宅会社などが購入したある程度まとまった土地を複数の区画に分けて、同様の住宅を建てることが多いです。

特に大規模の分譲の場合は街並みにも配慮して建築され、周囲と調和して美しい景観になるのが特徴です。

利便性もある程度よい場所であることが多いです。


一方、注文住宅の場合、すでに土地をもっていたり、今住んでいる家を建て替えたりする場合はいいですが、土地をもっていない場合は土地探しから始める必要があります。

外観・間取り・設備など

建売住宅の場合は外観・間取り・設備などの設計がほぼ決まっており、建物の建築確認申請をして審査が通っているため、設計の変更はできません。

しかし住宅の流行を取り入れていることが多く、既に家が建っているので実際に見て十分に検討することができます。

自分たちが気に入った家であれば満足することができるでしょう。


shutterstock_1328958152

一方、注文住宅はほぼ自由な設計ができるので、希望する外観・間取り・設備の家をつくることができます。

家づくりに一から参加することができ、家が完成する過程の建築現場をチェックすることもできます。

入居までの期間

建売住宅の場合、購入したい家が見つかったら売買契約をし、不具合があれば修繕を行った後に引き渡しを受けます。その間、約1ヵ月です。

住宅の建築がこれから始まるというタイミングの場合は、約4ヵ月後に引き渡しとなります。


shutterstock_268567358

注文住宅の場合は、土地がない場合は土地を探して購入するまでの期間、家づくりを依頼する相手を探す期間、打ち合わせ期間、建築工事の期間が必要です。

気に入った土地や設計を依頼する相手がなかなか見つからなかったり、プランニングに時間をかけたりすると長時間を費やしますが、工期はだいたい3~6ヵ月程度です。

価格

shutterstock_334563632

一般的に一度に複数の住宅を建てる建売住宅は、資材を一括購入したり部材を規格化したりするためコスト面で有利になることがあり、割安感が出やすいといえます。

コスト面で有利な分を住宅にかけ、高級感を出している住宅もあります。


注文住宅は、資材やインテリア、設備などにこだわり過ぎると予算オーバーになりがち。工期が長くなるため人件費が増えることもしばしばあります。

しかし、建材や設備を自由に決められるため、予算調整ができるという面もあります。

あなたはどちら向き!?

shutterstock_1227319084

さて、建売住宅と注文住宅のおおまかな違いをみてきましたが、あなたはどちらがいいと思われたでしょうか?


土地探しからするのは大変と感じられる方、できるだけ早く入居したいと思われる方は、建売住宅が向いているといえるでしょう。

新しいコミュニティで同時に新生活を始めることで、子育てファミリーなど住民同志が仲良くなれることが多いのも魅力ですね。


土地をもっている方、建替え予定の方、こだわって家づくりをしたい方、予算や時間に余裕がある方などは、注文住宅が向いているといえるでしょう。

することも多く大変な面もありますが、お家やインテリアが好きな方なら、きっと楽しみながら家づくりを進められますね。


一生で最も大きな買い物になることが多い住宅の購入。

建売住宅か注文住宅か、ご自分に合った方を選んで家づくりを成功させてくださいね!