大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

マンションの管理費って何に使うの?


マンション

居住スペースはワンフロアが多くて子育てがしやすく、
老後も楽に暮らすことができるマンション。
また、マンションは基本的に鉄筋コンクリート造りなので、地震にも強く、
エントランスにオートロックがついていれば防犯面でも安心です。


そんなファミリー層に人気の高いマンション。
ただ、マンションで暮らしてみたいけれど、
戸建てと違って気になるのが「管理費」がかかる点ではないでしょうか?
そこで今回は、「マンションの管理費って何に使うのか?」を解説していきたいと
思います。

マンションの管理費とは?【共益費・修繕積立金】

マンションの入り口

マンションの管理費は、主に「共益費」と「修繕積立金」の2つからなります。 

共益費

「共益費」とは、共有スペースの管理費用のことです。
例えば、廊下やエレベーターの電気代・保守点検費用などは、
どこのマンションにもあります。
こういったマンションの住民が使うスペースは、
それぞれの専有面積の広さに応じて、「共益費」を払うことになります。 

修繕積立金

「修繕積立金」とは、その名のとおり、マンションを修理するために
積み立てておく費用です。
マンションに限らず、建物は定期的にメンテナンスしなければなりません。
しかし、一度に大きなお金を徴収するのは大変になるため、
コツコツと積み立てていくことになります。
こういった費用は、「修繕積立金」と呼ばれています。

マンションの管理費は安い方がいいの?

電卓とお金

マンションを購入する場合、物件価格以外にも管理費が必要になることが
わかりました。
そこで考えるのは、「管理費は少しでも安い方がお得なのか?」ということでは
ないでしょうか。


確かに、管理費は毎月かかるもののため、値段が抑えられていれば、
それに越したことはありません。
しかし、適正価格で管理費を徴収しているマンションは、
それだけ快適な暮らしができ、後から修繕費用が足りない!といったトラブルも
避けられる可能性があります。


したがって、ただ管理費が安いというだけでマンションを選ぶことは
おすすめできません。
このマンションでどういった暮らしをしたいか?という点で選ぶと良いでしょう。

管理費は不要?戸建てとの違いは?

手書きの家

もし、マンションは管理費がかかるために戸建てと迷っているというなら、
それは大きな間違いです。
というのも、戸建てでも修繕費用はかかります。
また、戸建ては基本的に1世帯で暮らすために共益費という概念はありませんが、
敷地内を整えるための費用はかかり、町内会に加入すれば町内会費もかかります。


ただ、戸建てなら自分のペースでお金を積み立てることは可能です。
マンションは、集合住宅ゆえに各自のペースで積み立てることは難しく、
毎月一定の金額を積み立てなければなりません。


したがって、戸建てのために管理費のようなコストはかからないというわけでは
ないですが、どうやって貯めていくか?という点には、違いがあります。
もし、マンションと戸建てで迷っているならば、こういった違いも念頭において
選ぶようにしましょう。


戸建てと違い、マンションには物件価格以外にも、管理費というランニングコストが
発生します。
しかし、その管理費があるおかげで、快適な暮らしを送れる点は大きな魅力ですね。
マンションを探しているならば、こういった費用も踏まえておくといいでしょう。
もし、マイホーム購入後の費用が気になるようであれば、
モデルルームを見学する際に聞いてみてはいかがでしょうか。