大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

コートハウスの魅力~お家の中で自然を楽しむ~


shutterstock_780036769

「コートハウス」って聞いたことがありますか?

壁に囲まれた住宅の内部の庭、いわゆる中庭のあるお家のことをいいます。

ある程度広い土地があって、自然とともに暮らせる家を建てたい方には魅力いっぱいのコートハウス。
ぜひ一度検討してみてくださいね。

コートハウスとは?

shutterstock_716569939

コートハウスとは、敷地全体が壁で囲まれており、建物の内部に中庭があるお家のこと。外に向けた窓は小さく、中庭に面した窓は大きくとられます。


中庭のことを英語で「コートヤード」といいますが、コートハウスはそこからきた和製英語のようです。ちなみに、「コートハウス」を和訳すると「裁判所」です。


コートハウスは昔からヨーロッパの都市でよく見られ、京都の町家もその一つだそう。

そのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのか、みてみましょう。

コートハウスのメリット

〇明るく風通しがいい

shutterstock_399643651

コートハウスの中庭には、いつでも自然を眺められるように大きなガラス窓を設置することが多く、隣接した部屋に自然光や風を十分に取り込めます。
そこでは明るく快適な住空間をつくることができます。

〇プライバシーを守りながら庭で楽しめる

shutterstock_1378782524

家の外周は壁で囲み、家の内部に庭を設けるため、道行く人や車から庭の様子が見えることはありません。
外から見ているだけではコートハウスであることがわからないケースもあります。


プライバシーを守りながら安全に子どもを遊ばせたり、セカンドリビングとしてデッキをつくってくつろいだり、友人とバーベキューを楽しんだりと、庭のある暮らしを開放感いっぱいに楽しむことができます。

〇安定した環境を保ちやすい

今は家の周りに建物がなくても、将来住宅などが建ってくることもあるでしょう。
そんなときでも、外に閉じ中に開放しているコートハウスなら、あまり生活環境の変化を感じることがありません。
将来にわたって安定した環境を保ちやすいといえます。

コートハウスのデメリット

〇コストが高くなる

shutterstock_1192045477

コートハウスにすることにより、設計上、大きな壁や大きな窓ガラスなどが増えます。
いつも目に入る中庭にもこだわりたくなるでしょう。

そのために建築コストは通常の住宅の建築コストよりも高くなります。
また、メンテナンス費用も高くなるのが一般的です。

〇外気の影響を受けやすい

コートハウスは大きな窓ガラスをたくさん使用することが多いため、外気の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒くなりがちといえます。

〇水はけが悪い

shutterstock_142384021

大雨が降ると中庭に水がたまり、水たまりができてしまうトラブルが発生することも。
太い排水管をつくって事前に対策することが大切です。

注意ポイント

〇間取り変更は困難

コートハウスは中庭があるため、建築後の間取りの変更は非常に難しいといえます。初めの設計段階で十分に検討、シミュレーションしておくことが重要です。

〇少人数での住まいがおすすめ

shutterstock_201027941

中庭をつくることでどうしても居住スペースが狭くなることを頭に入れておくことが必要です。


中庭をはさみ居室と居室の間にほどよい距離が保てるため、2世帯で暮らすことには向いていますが、家族の人数が多いと部屋数が足りなくなるかもしれません。


あまりに小さな中庭だと、メリットが感じられないものになる可能性があり、その場合は居住空間を優先した方がよいでしょう。

〇中庭の使い方をプランニングしておこう

shutterstock_399529006

どんな中庭にするのか、中庭で何がしたいのかをよく考えておきましょう。
樹木や石、遊具など大きなものは、建築中にあらかじめ運び込んでおくことが必要です。


プライベートな空間に自然がある、贅沢な暮らしを叶えてくれるコートハウス。
ぜひ一度検討してみてくださいね。