大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

コンセントで後悔しない家~増える電気製品をスッキリ配線~


shutterstock_86596366

便利な新家電の登場や、個人で持つパソコン・スマホ・ゲームなどの浸透で、電気製品は増える一方。コンセントが足りないと感じている方は多いのではないでしょうか。


コンセントが不足すると、電源タップや延長コードなどでしのぐことが多くなり、どうしてもスッキリした美しい空間にはなりにくいですよね。見た目の問題だけでなく、電気容量にも十分注意しないと危険です。

 

新築時は、コンセントのこともしっかりと考えるチャンス。設置ポイントをマスターして、安全・便利・美しい電化ライフを送りましょう!

【このページの目次】

まずはコンセントの種類を知ろう

shutterstock_390122710

電気製品の多様化によってコンセントも様々なものが登場しています。

一般的な住宅で使われているコンセントには、主に[100V電源][200V電源][TVコンセント][ガスコンセント][LANコンセント]などがあります。

 

[100V電源]…住宅で最も多く使われている、多くの家電に必要なコンセントです。

 

[200V電源]…IHクッキングヒーター、エアコン、衣類乾燥機、食器洗浄機、電子レンジなど、大きな電源が必要な電気製品のためのコンセントです。

 

[TVコンセント]…テレビの電波を受信するためのコンセントで、テレビの配置に合わせて設置位置を検討します。

 

[ガスコンセント]…主にガス暖房器で使用します。どの部屋でガス暖房を使うかを決めて設置位置を検討します。

 

[LANコンセント]…安定した有線でインターネットを利用するために必要なコンセントです。

部屋ごとに必要なコンセントの数と位置は?

基本的なコンセント設置数と位置はありますが、スッキリした空間を目指すなら、自分たちのライフスタイルに合わせることが大切です。

 

家具などに隠れて使えないコンセントが出てくるのももったいないですよね。

ぜひ、ご家族で暮らし方や家具の配置を考えてから、コンセントの数と位置を決めてください。

[リビング・居室・寝室]

shutterstock_418014427

☆Point

〇テレビには専用のコンセントが必要なので、先にテレビをどこに置くのか決めましょう。ビデオやゲーム機など周辺機器の多い方は100Vコンセントは4個口くらい用意すればいいでしょう。

 

〇エアコン用の200Ⅴコンセントは、通常室内機のすぐ下につけられることが多いですが、エアコンの上や横など、コンセントが目立たない場所につけると、よりスッキリします。

 

〇パソコン周辺には、電話、プリンター、モデム、ルーターなどに多くのコンセントが必要です。最低でも4個口は用意しましょう。

 

〇他にも、冷暖房機器・空気清浄機・加湿器・掃除機・蚊取り器など用のコンセントについて考えておきましょう。

[キッチン・ダイニング]

shutterstock_372368878

☆Point

〇冷蔵庫は一度設置すると移動させることがないので、置く場所をしっかり考えましょう。冷蔵庫の高さを測って、その上につけられるよう設置します。

 

〇食器洗い乾燥機、炊飯器、ポット、電子レンジ、オーブントースター、ホームベーカリー、ミキサー、コーヒーメーカーなど、キッチン周辺には多くの電気製品が集まるため、コンセントも多めに設置しましょう。

 

〇IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機用として200Ⅴの専用コンセントを設置することも検討しましょう。

[洗面所]

shutterstock_160013414

☆Point

〇洗濯乾燥機と洗面台に各1ヵ所。ヘアードライヤー、電動歯ブラシ、電気ひげそり、ヘアアイロンなど抜き差しするコードが結構あります。

 

〇壁掛けの扇風機をつける場合は、それに合わせた高さに設置しておくとスッキリ見えます。

[トイレ]

☆Point

〇温水洗浄暖房便座用に1ヵ所。あと換気扇やストーブ用にあれば便利です。

[玄関・廊下]

shutterstock_71087998

☆Point

〇玄関には掃除機用のほか、インテリア照明や熱帯魚の水槽用などにあれば便利です。

 

〇廊下には、長さに応じて1~2ヵ所設置しましょう。

プラン時の注意点

〇季節が変わると使う電気製品も変わります

電気製品を使うシーンを考える際には、つい今の時期の状況を考えてしまいがち。

冷暖房機器など、季節ごとの電気製品のことも忘れないでプランニングしてくださいね。

〇成長した子どもの生活は?

新築中にお子さんが小さい場合は、あまり電気製品を使わない生活ですが、成長すると学習机、パソコン、オーディオ、スマホやゲームの充電用など大人と同じような電気製品を使うようになります。

その時不便にならないよう多めに設置しておきましょう。

〇設置する高さも考えて

冷蔵庫のコンセントはトラッキング現象※の予防のために高い位置に設置しましょう。

洗濯機のコンセントも漏電防止のため、洗濯機よりも高い位置に設置します。

 

 

※トラッキング現象とは…コンセントとプラグの隙間に徐々にほこりがたまり、そのほこりが湿気をよぶことでプラグ両極間で火花放電が繰り返されます。そして絶縁状態が悪くなり、プラグ両極間に電気が流れて発熱し、ついには発火することをいいます。

〇フレキシブルさも大切

居室や寝室はベッドやタンス、机などの家具の配置が変わることもあります。どのようなレイアウトになってもフレキシブルに対応できるようコンセントを多めに設置しておきましょう。

ここにあったら便利!

〇リビング収納の中

お掃除ロボットや充電式の掃除機用のコンセントをリビング収納の中に設置しておくと、掃除機を充電しながら収納できます。

 

また、スマホやゲームの充電ステーションをリビング収納の中に作っておくと充電中もスッキリ。朝持ち出すのを忘れたり、機器が迷子になったりすることも防げます。

shutterstock_331516223

〇キッチンの作業スペース

作業スペースでミキサーを使ったり、コーヒーを淹れたり。

スマホを充電しながら家事もできます。

shutterstock_605432255

〇ダイニングテーブルの近く

shutterstock_480476836

ダイニングテーブルの下にフロアコンセントを設置したり、テーブル近くの壁にコンセントを設けておくと、ホットプレートや電気鍋を使う時にとても便利です。

〇外部

shutterstock_447191260

防水タイプのコンセントを1ヵ所つけておくと、防犯用のライトや車の洗浄やガーデニング、DIYに利用できます。

 

またクリスマスシーズンなどにイルミネーションを楽しみたい時やバーベキューをする時にも便利ですね。


いかがでしたか?

生活してみて初めて、不便さに気づくことが多いコンセント。

将来の暮らしを見据え、変化に対応しやすいようあらかじめ多めに設置しておきたいですね。