大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

造作家具の魅力~必要なところにすっきり収納~


欲しいところに収納できて、見た目はすっきり。
統一された空間づくりができるのも大きな魅力の造作家具。
新築するなら…リノベーションするなら…造作家具!と
思い描いている方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、造作家具の魅力をお伝えします。

造作家具とは

造作家具とは、部屋のサイズや目的に合わせて、オーダーメイドでつくる造りつけの家具のこと。新築はもちろん、リフォームやリノベーションでも造作家具にすることができます。

 

造作家具には、家づくりの現場で家具をつくっていく「大工工事」と、家具工場で家具のパーツをつくり、現場で組み立て設置する「家具工事」とがあります。

 

大工工事は、比較的シンプルな構造のオープン棚やキッチンカウンターなどに向いています。
家具工事は、引き出しや扉のある棚など、複雑なデザインや構造の家具をつくるのに適しています。当然ですが、大工工事よりもコストが高くなります。

キッチン

背面収納や、キッチンカウンターなどを造作すれば、キッチンとの一体感がでます。

洗面所

ちょっとした空きスペースができやすい洗面所は、タオルや洗剤を収納する小さな棚や、ランドリーバスケットの定位置をつくるのにぴったり。

リビング・寝室

テレビボード、壁面オープン棚、飾り棚、ワークデスク、ベッド下の収納スペースなど、空間のイメージに合わせてつくれます。

玄関

家族の人数やアウトドア用品の数などに合わせて、すっきり収納。

メリット

必要な場所にジャストサイズで

造作家具にするメリットは、まず、必要な場所に必要な大きさの家具がつくれること。
つくりたい場所に欲しい家具をつくることができます。

 

たとえば、「リビングのこのスペースにパパのパソコンデスクをつくりたい」など、わが家のスタイルに合わせた家具を自由に発想してつくることができます。

 

既製の置き家具では、空いた空間にぴったり納まる家具を見つけるのは案外大変ですが、造作家具ならミリ単位で寸法指定できるので、ジャストサイズにつくれます。

インテリアイメージに合った家具がつくれる

新築やリノベーションをする際、同じ設計者が内装と一緒に造作家具も考えるので、素材やカラーなどをバランスよくコーディネートできるのも大きな魅力です。

地震に強い

造りつけの造作家具は、地震が起こったときにも家具の倒壊や人が家具の下敷きになる恐れが少なく、安心といえます。

デメリット

たくさんのメリットがある造作家具ですが、やはり価格は既製の置き家具に比べて高価になってしまいます。

 

また、壁や天井に固定されている造作家具は、設置場所を変えるのが難しく、模様替えをするのが難しいといえます。

 

したがって今後、ひとつの部屋を区切って子ども部屋にする予定がある場合などは、その部屋の造作家具については慎重に考える必要があります。

 

雰囲気を変えたい場合は、造作のオープン棚に扉をつけたり、扉のデザインを変えてみたりするといいかもしれませんね。

 

また、造作家具のアフターケアについても、よく確認しておきましょう。

発注の仕方

お家を建てる場合、収納スペースの詳細は契約後に打ち合わせる場合も多いですが、最初から造作家具にしたいと考えているなら、契約前の見積もりの段階でその旨を伝えて見積もりをもらっておきましょう。

 

建築会社の中には、造作家具を得意とするところ、外注するところ、受けつけしていないところと様々あるので、造作家具ができるかどうかはもちろん、大体の予算を把握しておくと安心です。


すべてを造作家具にすると予算が合わないという場合には、
造作家具と同じような素材の置き家具を探して
うまく組み合わせる方法でもいいですね。
これからのライフスタイルをじっくり考えた上で
統一感のある空間づくりに挑戦してみてくださいね。