大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

「新築マンション」vs 「新築戸建て」買うならどっち!?徹底比較!


img_161128

そろそろマイホームを…と考えたとき、新築マンションと新築戸建て、どちらを購入したらいいのか迷ってしまう方もおられるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「お金」と「生活」の面でそれぞれを徹底比較!

あなたにぴったりのマイホーム購入にお役立てください!

 

【このページの目次】

「新築マンション」vs 「新築戸建て」~お金の面~

① 購入時、物件価格以外に必要な費用

住宅を購入する場合、物件価格以外にも「諸費用(諸経費)」といわれる契約書の印紙代や登記費用・固定資産税に火災保険料。

そして住宅ローンを組む方は銀行の手数料や保証会社に支払う保証料など必要なお金はいろいろあります

 

先に挙げた項目は戸建もマンションも共通してかかる費用です。

 

マンション特有の初期費用として修繕積立一時金といわれるものがありますが、これは将来的な建物の修繕の為、計画的に毎月修繕積立金を徴収するものとは別に、購入時にまとまった金額を徴収するものです。

 

戸建て特有の費用としては水道負担金(水道分担金)といわれるものがあり、土地を購入して新しく水道管を引込んだ際に取り付ける水道メーター代にあたります。

 

戸建ての場合は新築でも、物件の売主と直接売買契約をしない限りは[物件価格×3%+6万円+税]の仲介手数料が発生することになります。

チラシやパンフレットの概要部分「取引態様」の項目が「売主」(仲介手数料不要)か「仲介(媒介)」(仲介手数料必要)かをチェックしてください。

 

② 住み続ける間の出費

shutterstock_114846214

戸建て・マンションともに毎年かかる費用として土地・建物の固定資産税があります。

自動車を所有していると自動車税がかかるように、土地・建物を所有していると税金がかかります。

 

また定期的に更新が必要なものとしては火災保険料・地震保険料があります。

火災保険に関しては、以前は35年間といった長期間一括払いもできましたが、最近は最長で10年間になりました。地震保険は最長5年です。

 

ここまでは戸建てもマンションも一緒です。

 

マンションの場合は、「修繕積立金」という費用がかかります。

これは建物の大規模な修繕や共有部分の変更工事などにあてる準備金で、毎月支払うことになります。

 

マンションには「管理費」もかかってきます。

これはエレベーターのメンテナンスや共有部分の清掃、管理人さんのお給料などにあてられる費用です。

 

他にはマンションの場合、駐車場代・バイク置場代・自転車置き場代などもありますが、マンションは計画的にお金を集めるのと同時に、計画的に修繕や管理も行われますから安心ですね。

 

これらの長年住み続ける間に出ていく定期的なお金は、戸建ての方が少ないといえるかもしれません。

 

もちろん、戸建ては庭も含め管理するスペースが広く、自己責任でリフォーム費などを確保して住宅会社と相談しながら進めていく必要がありますが、時期やかける費用は自由です。

③ 将来的な資産価値

shutterstock_304037288

近隣の再開発やブランドマンションなど、マンション購入時より価格が上がっているケースもありますが、大半のマンションは経年とともに価格が下がります。

駅近や人気の沿線、人気施設に近い等のポイントがあれば価格は下がりにくくなってきますし、利便性の高い場所であれば、転勤等の際に賃貸としても需要が見込めます。

 

戸建て住宅も経年により建物価格が下がりますが、土地の価値はそれと連動して下がるわけではありませんので、ある程度の売却価格が見込め、将来的に売却しやすいといえます。

「新築マンション」vs 「新築戸建て」~生活の面~

① 立地…駅近ならマンション

立地条件でいうと、戸建てよりマンションの方が駅から近く、利便性が良いところが多いといえます。

駅近で利便性が良い土地は価格が高いですが、何十戸、何百戸という戸数になるからこそ1戸あたりの負担が少なくなります。

 

場所にもよりますが、高層階なら眺望がよいのも魅力ですね。

② 音の問題…気にしなくていいのは戸建て

shutterstock_197110190

戸建ては建物の独立性が高いため、マンションのようにお隣、上下階への音を気にしなくて済みます。

よくある話では共働きの方は朝早く、または夜遅くに「洗濯機を回したい」「掃除機をかけたい」方が多いようです。

③ セキュリティー…共働きでも安心なマンション

shutterstock_178892237

マンションには監視カメラやオートロックなど防犯設備が充実しています。

また、管理人さんが常駐しているところもあり共働きで子どもが先に帰宅する、というご家庭でも安心です。

上階の方であれば玄関のカギを閉めるだけ、というのも楽ですよね。

もちろん戸建てでもセキュリティー会社のシステムを入れることができます。

④ 駐車場…駐車場代が不要な戸建て

戸建ては敷地内に駐車場があるため駐車場代が不要になります。

最近は都市部を中心に、マイカー離れが進んでいるそうですが車通勤や車でおでかけすることが多くマイカーは必需、というご家庭なら、駐車場代が不要になるのは大きな魅力ですね。

⑤ リフォーム…自由にできるのは戸建て

shutterstock_440848411

マンションのリフォームは専有部分のみに限られる上に管理規約による制約がある場合がありますので要チェックです。

戸建ては自分たちの思い通りに自由にリフォームや建て替えができます。

DIYも流行ですよね!

⑥ バリアフリー…老後も住みやすいマンション

shutterstock_180085148

マンションにはエレベーターがあり、ワンフロアで生活できるため高齢になっても住みやすいというメリットがあります。

実際、高齢になってから駅近のマンションに住み替えする方も多いですよね。

街中であれば商業施設や医療施設がまとまっているエリアがあります。

「新築マンション」「新築戸建て」購入者の悩みは…?

ところで、大手住宅情報誌の調査によるとマンション、戸建てを購入した人それぞれの悩みとして次のようなことが挙げられています。

 

[マンション購入者]

  • ・エレベーターが少なく、朝の通勤・通学時間にイライラする
  • ・駐車場に制限があり、買いたい車が停められない
  • ・管理費や修繕積立金がかかり月々の負担が大きい
  • ・管理組合の理事が回ってくるのが気が重い

 

[戸建て購入者]

  • ・庭の手入れが大変
  • ・部屋数が多く広いため冷暖房など光熱費が予想以上
  • ・長期不在にするときの防犯が不安
  • ・通りや隣の家からの視線が気になりカーテンを全開にできない

 

うーん、なるほどね、と頷いてしまうことばかりですよね。

マンション、戸建てそれぞれに魅力とデメリットがありますからご自分や家族のライフスタイル、将来設計までじっくり考えて決めることが大切といえますね!