大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

梅雨を有意義に過ごそう~ゆったり時間を楽しむ~


shutterstock_1237421068

今年も梅雨のシーズンがやってきましたね。

そこで今回は、おウチ時間が長くなるのを利用してより有意義に楽しく過ごす方法をご提案。

おすすめのお掃除場所やお子さんとの遊びをご紹介します。

掃除が効率アップ!?

まとめてお掃除するのは年末、という方も多いと思いますが、実は湿度の高い梅雨どきにお掃除すると、より効率的にできる場所があります。

年末の慌ただしい中でお掃除するより、気持ちにもゆとりができ、雨の日を有効に使えるかもしれません。

〇窓ガラス

shutterstock_112481615

窓ガラスの汚れは、晴天のときよりも梅雨どきの方が湿気を含んで落ちやすくなっています。

ただ、あまりに強い雨の場合はすぐに汚れてしまうので、小雨くらいのときを見計らってお掃除しましょう。

〇網戸

網戸は晴天時に掃除するとホコリが周囲に舞い上がってしまいますが、湿度が高いと最小限に抑えられます。

まず掃除機でホコリを吸い取り、ウェットタイプのシートで拭いてお掃除しましょう。

〇サッシ

サッシの下の溝部分に固まってしまっている汚れも、湿度が高いこの時季はとれやすくなっています。

まず掃除機で吸えるゴミを吸い取ってから、古い歯ブラシや竹串に薄い布を巻きつけたものでこびりついた汚れをとります。

〇浴室

shutterstock_407262133

浴室の天井や壁、窓枠などについたカビ掃除も、高湿度のときにしておくと、カビの胞子が飛び散るのを抑えながら取り除けます。

高い所のカビは、長い棒にウェットタイプのシートや濡らした古い布を巻きつけてこすりましょう。

〇フローリング・カーペット

shutterstock_510917551

床にはたくさんのホコリが落ちていて、乾燥している季節だと掃除機をかけるときもホコリが舞い上がりやすくなります。

さらに静電気が発生しやすく、ホコリがカーペットやソファ、カーテンなどについてしまい、取りにくくなってしまいます。

その点、梅雨どきならホコリが舞い散るのを抑えながらお掃除できます。

親子で向き合う時間に

外遊びができないことも多いこの時季、お家の中でお子さんと一緒に楽しむことを計画してみませんか?

いつもよりゆっくり時間をかけて向き合うことで、お子さんの成長を感じる貴重な時間になるかもしれません。

〇料理

shutterstock_738551422

お家でゆったり過ごせる日には、食事やおやつを一緒に作るのもおすすめです。

ホットケーキやロールケーキをカットしたものに、ホイップクリームやフルーツなどいろいろなトッピング材料でデコレーションするだけなら小さなお子さんでも楽しめそう。オリジナル感たっぷりのスイーツができあがります。

〇工作

shutterstock_437889469

小さなお子さんなら、新聞や雑誌を思い切りビリビリ破いて上に放り投げる遊びも楽しいですね。破いた紙をレジ袋に入れ、シャカシャカ音を出しても遊べます。遊んだ紙は、お片付け競争をしてスッキリ終了します。

廃材を使って、好きな動物や人形、お城やケーキなどをつくって遊んでも。
ビニールシートを敷いて、クレパスや絵の具で好きなだけお絵描きさせてあげて、何を描いたのかお話をじっくり聞くのもすてきな時間です。

〇体を動かす

shutterstock_745518304

お家の中でもある程度体を動かして、ストレスを発散させてあげましょう。

ビーズを入れたペットボトルをボーリングのピンに見立て、新聞紙を丸めたボールを転がして倒したり、風船でバレーボールをしたり。

歌を歌っている間はスキップ、ストップの合図で敷いてあるマットに乗る遊びなどもできますね。

感性を育むお散歩

shutterstock_1113916583

土砂降りの雨でなければ、お買い物や図書館、屋根付きの公園などに出かけてみましょう。お気に入りのレインコートや長靴を身につけてお出かけするのは、子どもにとってとても楽しいもの。

水たまりの中を雨靴でバチャバチャと思い切り入る感覚や、泥の中を歩く感覚、体が雨に当たる感覚を味わったりすることで、きっと豊かな感性が育まれるでしょう。


雨の日がいろんな場所のお掃除に向いているなんて、ちょっと得した気分になりますよね。

また、雨が降る前にお子さんとの過ごし方を考えておくと、気持ちにゆとりがもてるかもしれません。

約1ヵ月強の梅雨の間、体調管理に気をつけて有意義にお過ごしくださいね。