大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

利き脳でわかる!?あなたに合った収納術!~あなたの「利き脳」にあわせていつもキレイなお家をキープしよう!~


shutterstock_172040945

『片付け方法を決めたけれど、挫折してしまう』

『収納スペースはちゃんとあるのに、家の中が雑然としている』

という方は、もしかしたら自分の利き脳に合わない

片付け方をしているのかもしれません。

 

脳には右脳、左脳があって、それぞれ得意分野があることはよく知られていますね。

 

たとえば、右脳は物事を直感的にとらえイメージで記憶することが得意。

感覚的で創造性に優れているといわれています。

 

左脳は物事を意識的・段階的にとらえ、理性的に処理を行い

論理的・科学的な思考が得意といわれています。

 

人には利き手、利き足があるように、

脳にもどちらかというとメインで使う「利き脳」があり、

利き脳によって片付けやすい方法が異なるそうです。

 

自分の利き脳を知ることで、より効果的・効率的に片付けて

いつもスッキリしたお家を目指しましょう!

2

まずはあなたの「利き脳」を知りましょう!

(1)まず指を自然に組んで、親指の位置をチェックします。

この結果で、インプット脳 = 情報を取り込む時に働く脳 = 片付けではモノを探す時に働く脳がわかります。

 

⇒右手親指が下の人・・・モノを探す時の利き脳は[右脳]

⇒左手親指が下の人・・・モノを探す時の利き脳は[左脳]

 

 

(2)次に、自然に腕を組んで、腕の位置をチェックします。

この結果で、アウトプット脳 = 言葉や行動で表現する時に働く脳 = 片付けではモノを戻す時に働く脳がわかります。

 

⇒右腕が下の人・・・モノを戻す時の利き脳は[右脳]

⇒左腕が下の人・・・モノを戻す時の利き脳は[左脳]

 

◆インプットとアウトプットの利き脳の組み合わせで、4つの利き脳タイプに分かれます。それぞれのタイプによって、その人に合った片付け法があるそうです。

【右右(うう)タイプ】の人に合った片付け法

インプットもアウトプットも右脳の右右タイプの方は、

物事を視覚でとらえ、直感やひらめきで行動する傾向があります。

「使ったら元に戻す」という作業が苦手なため、

戻しやすさに重点を置いた片付け法を取り入れましょう。

 

◇ポイント

・パッと取り出せてパッとしまえるようザックリと収納しましょう。

・洗濯物は畳まずにハンガーを使って収納すると楽です。

1

【左左(ささ)タイプ】の人に合った片付け法

インプットもアウトプットも左脳の左左タイプの人は、

計画を立てて実行するのが得意。

仕組みを整えれば、すっきり美しい空間を維持できます。

 

◇ポイント

・文字の認識能力を活かして、ラベリングやリストで管理しましょう。

・細かく仕切って収納するのも得意です。

5

【右左(うさ)タイプ】の人に合った片付け法

インプットは右脳、アウトプットは左脳の右左タイプの方は、

ビジュアルを重視する完璧主義。

ゆえに、なかなか取りかかれず、取りかかれたとしても

ひとつダメになるとモチベーションが下がって放置してしまいがちです。

 

◇ポイント

・いつでも買い足せる収納グッズを使用して、最初のイメージをキープできるようにしましょう。

・棚や引き出しに詰め込み過ぎることがあるため、ボックス収納を使って仕切りを作り、一定量しか入らない仕組みをつくりましょう。

shutterstock_447200041

【左右(さう)タイプ】の人に合った片付け法

インプットが左脳、アウトプットが右脳の左右タイプの方は、

自分だけの「マイルール」をもっていて、自分が納得していれば

周囲からどう見られてもあまり気にしないタイプです。

片付けも「マイルール」をつくって取り組んでみましょう。

 

◇ポイント

・自分にとって戻しやすい場所をじっくり考えてマイルールを決めましょう。

・家族で共有するモノの場合は、他の家族にもわかるように片付けましょう。

4

 

この利き脳に注目した片付け方法は、アメリカでは一般的に認知されている

「プロフェッショナル・オーガナイザー」(思考と空間の整理のプロ)の考え方を

日本流にアレンジした「ライフオーガナイザー」が提唱する手法の一つ。

仕事で実際に片付けのお手伝いをする前に、お客さまの利き脳をチェックしてから

その人に合った片付け法を提案するそうです。

自分の利き脳に合った片付け法なら、少しでも楽に続けられそうな気がしますね!

 

〈参考資料〉

日本ライフオーガナイザー協会 ライフオーガナイズ:もっと心地いい暮らし方(主婦と生活社)

森下純子 片づけたいけど「片づけられない」がなくなる本(PHP研究所)