大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

スケルトン階段の魅力って!?


最近、おしゃれなお家でよく見かけるスケルトン階段。

人気の秘密と、設置する際に注意したいポイント等をご紹介します。

スケルトン階段とは

スケルトン階段とは、蹴込み板がなく、踏板と骨組みだけで構成されている階段のこと。ストリップ階段、オープン階段、シースルー階段等とも呼ばれています。

材質としては、アルミ、スチール、木材が多く使用されていて、スチールはアルミよりも強度があるため、よりシャープなデザインにできます。

メリット

① おしゃれで開放的な空間がつくれる

スケルトン階段の人気の秘密は、何といってもそのデザイン性の高さ。インテリアのアクセントとしておしゃれな空間をつくってくれます。

また、蹴込み板がなく視界を遮るものが少なくなるので、とても開放的な空間になり、部屋が広く感じられます。

光が踏板と踏板の間に差し込むので、お部屋が明るくなるのも嬉しいポイントです。

② 窓のある場所にも設置できる

スケルトン階段の場合、独立した骨組みでできているので、大きな窓の横にも設置できるのもメリットといえます。

たとえば中庭が見える大きな窓の横にスケルトン階段を設ければ、とても明るい室内になります。

③ 空気の流れが良くなる

スケルトン階段は、踏板と骨組みの間に空間があるため、空気が通りやすくなります。窓を開けて換気をする際にも短い時間で空気を入れ替えることができます。

デメリット

① 落下の心配がある

小さなお子さんがいる場合、スケルトン階段の踏板と踏板の間から落下してしまう恐れがあることは否めません。

心配な場合は、小さな間だけ落下防止用のネットをつけたり、階段の手すりを多めにつけたりしておくといいですね。

② 階段下に収納やトイレを設置できない

通常の階段の場合、階段下は収納やトイレとして使用することが多いですが、スケルトン階段の場合、トイレはもちろん不可能ですし、あまり多くのものを収納するとスケルトン階段にする意味がなくなってしまいます。

その分、トイレや収納場所を他の場所に設ける必要があります。

③ コストが高くなる

通常の階段と比較すると、スケルトン階段は費用が高くなることが多いです。

その理由は、加工の手間が多く、材料に木材だけでなくスチールを使うことが多いため。

また、お家の雰囲気に合うスケルトン階段をデザインする費用もかかってきます。

ただ、既製品のスケルトン階段は比較的安価なので、予算を考えながらプランニングすることが大切です。

設置のポイント

〇狭小住宅のリビング階段や暗い玄関に

スケルトン階段は開放感やヌケ感を演出できるため、狭小住宅のリビング階段や暗くなりがちな玄関にもおすすめのプランです。


階段下は緩やかにゾーニングできるスペースになるので、ワークスペースやプレイスペース、などにすると有効活用できます。観葉植物を置いてもおしゃれですね。

〇インテリアとの調和を考慮して選ぶ

スケルトン階段はあるだけでおしゃれな雰囲気になりますが、インテリアに合わせて素材や色、デザインを選ぶようにしましょう。


ナチュラルなインテリアに黒のスチールでアクセントをつけたり、白のインテリアに白のスチールで調和させたりと、じっくり考えてみてくださいね。


階段が素敵なインテリアのようになるスケルトン階段。

ぜひ検討してみてくださいね!