大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

白キッチンvs黒キッチン~あなたはどちら派?~


キッチンの定番人気色、白色。

でも最近では黒色のキッチンの人気も高まっています。

今回は、白キッチンと黒キッチンの特徴をご紹介。

お家づくりのプランニングにお役立てくださいね。

白キッチンのメリット

① 広く開放的なイメージになる

白のキッチンは空間を明るく広く見せてくれます。

窓からの光が当たると反射してより明るさが強調され、さわやかな空間になります。

② 他の家具・床や壁と合わせやすく飽きにくい

様々な色の調理家電やキッチンツールも、白いキッチンなら自然になじませることができます。

ダイニングやリビングの家具の色も選ばないのでコーディネートしやすく、飽きがきにくいのもうれしいポイント。

またどんな床の色や壁の色でもしっくり馴染んでくれるのが白いキッチンです。

③ 汚れがわかりやすい

白いキッチンは汚れがわかりやすいのですぐにお掃除でき、いつも清潔な状態を保つことができます。

白キッチンのデメリット

① 汚れが目立つ

白いキッチンはこぼれた調味料や油汚れなどの汚れが目立ってしまいます。

すぐにお掃除できるならそれがメリットになりますが、こまめなお手入れができない場合は汚れが蓄積してしまい、せっかくの清潔感が台無しになってしまいます。

② 素材によっては着色汚れや黄ばみが気になる

人工大理石の白色キッチンは人気がありますが、シンクなどに野菜やコーヒーなどの着色汚れが残る場合があります。

気になる場合はお手入れ方法などを事前にメーカーに確認しておきましょう。

黒キッチンのメリット

① モダンでおしゃれな空間になる

黒いキッチンの魅力は、空間が引き締まりモダンでおしゃれな雰囲気をつくれることです。

生活感をなるべく消してホテルライクな空間をつくりたいなら、インテリア性の高い黒のキッチンがおすすめです。

上の写真のように黒色と白色の両方を使ったモノトーンでコーディネートすると、空間を引き締めながらも明るくおしゃれな雰囲気に演出することができます。

主張が強い黒色は取り入れる分量を上手に調整することが大切です。

② 汚れが目立ちにくい

黒いキッチンは汚れがついても目立ちにくいので、まめにお掃除はできないけれどできるだけすっきりした空間を保ちたい方におすすめです。

黒キッチンのデメリット

① 他のインテリアを選ぶ

黒のキッチンは、おしゃれで重厚な雰囲気があるので、LDKに設置する場合は他の家具も雰囲気が合うものを選ばないと、キッチンが浮いてしまいます。

また床や壁に暗い色を採用すると、空間が重く暗い雰囲気になってしまいます。

黒いキッチンを選ぶなら、LDK全体のコーディネートも同時に考える必要があるといえます。

② 素材によってはホコリや指紋が目立つ

黒の鏡面素材を使ったキッチンは、ホコリやキズ、指紋が目立ったり、映り込みがあったりします。

気になる場合は、鏡面素材ではなくマットな素材で、扉や引き出しに取っ手がついたタイプを選ぶようにしましょう。


明るく開放的で清潔感あふれる空間にしたいのか…
スタイリッシュで高級感のある空間にしたいのか…
キッチンを含めたLDKの理想の雰囲気を決めてからキッチンの色を決めるのがポイントといえそうですね!