大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

丸テーブルはどんな時に選ぶ?


ダイニングテーブルと聞いてイメージしがちなのは長方形のテーブルではないでしょうか? でも丸テーブルは意外に省スペースで置けてお部屋の印象をやわらかくしてくれるなど、様々なメリットも。 今回は、丸テーブルの魅力についてご紹介します。

丸テーブルの魅力

① 狭い空間でも圧迫感を少なく

円形のダイニングテーブルは、意外に省スペースで置くことができ、コンパクトなLDKにもしっくりと馴染ませることができます。

四角いダイニングテーブルに比べると圧迫感も少ないです。


来客があった時、ちょっと間をつめてスツールなどを用意するだけで皆揃って座れるのも便利ですね。


丸テーブルは壁にくっつけて置くことはせず部屋の真ん中に置くので、丸い形が生み出す余白により部屋を広く感じさせてくれる効果も。

狭小住宅の建築を計画中の方には、丸テーブルはおすすめです。

② お部屋をやわらかな印象に

お家の中では、柱・梁・窓など直線と直角が多く見られます。

キッチンの設備や調理家電なども直線と直角が多いですね。


そんな中、丸い形のテーブルを置くと、お部屋にやわらかな雰囲気をもたらしてくれます。

丸テーブルの周りを廻る動線ができるのもやわらかな雰囲気になる理由かもしれません。

③ コミュニケーションをとりやすい

四角いテーブルでは、同じ並びに座っている人の顔を見ながら話しにくいですが、丸テーブルなら皆の顔を見渡しやすくなり、視線を交わしながら会話をしやすくなります。

会議などに丸テーブルを使用することが多いのもそんな理由から。

家族の一体感を感じやすくなり、よりコミュニケーションをとりやすくなるといえます。

④ 小さい子どもにも安心

小さい子どもが四角いダイニングテーブルの角に頭をぶつけて痛い思いをする、ということも丸テーブルなら防げます。

角がないので大きなケガになりにくく安心です。

丸テーブルの選び方

ダイニングテーブルとして丸テーブルを選ぶ際には、2~3人用で直径80~100㎝、3~4人用で直径100~120㎝くらいのサイズがおすすめです。

大人数で丸テーブルを使うには、スペースをかなりとってしまい、デッドスペースもできてしまうので、どちらかというと4人くらいまでの家族におすすめかもしれません。


また、テーブルとイスを置いた時に必要なスペースは

座るには10~50㎝、椅子を引くには60㎝、後ろを通るには60~90㎝が必要といわれています。そのスペースを確保できるか考えて選びましょう。


また、無垢材のシンプルなものもおすすめですが、やわらかな雰囲気だけでなくモダンでスタイリッシュな雰囲気を演出したい場合は、スチールやメタルなどを使った脚のテーブルを選ぶといいでしょう。


家族が毎日集まるダイニングテーブル。

四角だけでなく丸テーブルという選択肢があると選べる幅が広がってうれしいですね。

お家の広さや雰囲気に合わせて、ぴったりのものを選んでくださいね。