大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

白外壁vs黒外壁~あなたはどちら派?~


最近増えてきている黒い外壁のお家。

定番人気の白い外壁と比べてどちらがいいのか迷ってしまう方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回は、白い外壁と黒い外壁を比較しながらメリット・デメリット・採用のポイントなどをご紹介します。

白い外壁のメリット

①様々なイメージを作れる

定番人気の白い外壁は、シンプルだからこそ様々なイメージをつくることができます。

スタイリッシュでかっこいいカタチで白い壁にすればモダンな印象になりますし、曲線を使ったやわらかなカタチで白い壁にすれば可愛らしさや温かみを感じる印象になります。

②大きく見える

白色は膨張色のため、お家を大きく見せることができます。

③流行り廃りが少ない

白い外壁は定番なので、流行に左右されずいつの時代も流行遅れのイメージになりません。

デメリット

①汚れが目立ちやすい

黒い外壁に比べると、やはり白い外壁の方が汚れは目立ってしまいます。

雨だれが窓枠付近や換気扇などの出っ張った部分についてしまったり、日陰になる場所にカビやコケなどがつき目立ってしまったりすることもあります。

②サイディングは継ぎ目が目立ちやすい

外壁によく使われるサイディングの白色を選ぶと、継ぎ目がわかりやすくなってしまいます。

継ぎ目ができない漆喰、吹付けなどを選ぶと美しい白い外壁になります。

白い外壁を使う際のポイント

どんなイメージのお家にも使いやすい白い外壁。

素材としては、漆喰、吹付け、塗装、サイディングなどがあり、素材により随分イメージが違ってくるのでよく検討することが大切です。


汚れ対策として、セルフクリーニング効果のある外壁材を使用したり、雨だれを防ぐ設計をしたりなど事前に汚れ防止の工夫をしておくといいですね。


全面を白イメージにしてもいいですが、アクセントとして軒裏や玄関ドアなどに黒色や木目を使ってもおしゃれな外観になります。

黒い外壁のメリット

①モダンなイメージを作れる

黒い外壁を使ったお家はモダンでおしゃれなイメージになります。白色とは反対に引き締まった印象です。

濃い黒の場合はモダンな印象が強くなりますが、少し薄めのグレーだと柔らかい印象になります。

②汚れが目立ちにくい

黒い外壁の場合は、白壁で気になる雨だれやカビなどの汚れが目立ちにくいのが特徴です。

とはいっても、鳥のフンなど白い汚れは目立ちやすくなってしまいます。

③サイディングの継ぎ目が目立ちにくい

最もよく使われるサイディングの黒色やグレー色は、白色と比べて継ぎ目が目立ちにくく気になりにくいです。

デメリット

①色褪せしやすく熱くなりやすい

黒い外壁は白い外壁よりも紫外線の影響を受けやすく、経年劣化により黒色の色褪せが起こり白っぽくなってしまいます。

また、夏の気温の高い時期には外壁の温度が上がりやすいので、黒い外壁でよく使用されるガルバリウム鋼板を使う場合は特に注意が必要です。

②周囲との調和を考える必要がある

たとえば周囲のお家が白い外壁のお家ばかりの場合、黒い外壁のお家は否が応でも注目を集めます。

最近は黒い壁のお家も増えてきていますが、威圧感を感じたり視界が暗くなったりするような大きさやデザインにはしないよう気をつける必要があります。

黒い外壁を使う際のポイント

黒い外壁にするのなら、耐久性が高くメンテナンスしやすいガルバリウム鋼板のコスパがいいといえます。

吹付けや塗装という方法の場合は、フッ素が入った塗料など耐久性を高めるものを使用することで色褪せを防ぐことができます。

ミックス使いもおすすめ

白色と黒色の外壁をミックスして使ってもモダンな印象になるのでおすすめです。

その際は白か黒のどちらかをベースに、どちらかを窓枠や扉の色、ベランダの手すりなどにアクセントとして使います。

さらに木目調をアクセントとして使うと高級感や落ち着いた雰囲気になります。


お家に帰るときにワクワクできる、家族のお気に入りの外観をぜひつくってくださいね!