大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

玄関ドア、どう選ぶ!?~お家の顔はお気に入りを~


通りを歩いていると、住む人の好みや個性がよく表れているなと思うお家を見かけることがありますよね。

玄関ドアはお家の顔になるものですからよく考えて慎重に選びたいもの。

そこで今回は、玄関ドアを選ぶポイントをご紹介します。

玄関ドアの種類

〇片開きドア

最も一般的な玄関ドアが、片開きドアです。

シンプルなので、デザインや色味がそのままお家の外観に影響しやすいといえます。

外観に合ったデザイン・色味をしっかり選ぶことが大切です。

〇両開きドア

左右2枚の扉が開くので開口部がとても大きくなります。

重厚感のあるお家にぴったりです。

家の中にバイクや自転車を置きたい場合などにも便利です。

〇親子ドア

片開きドアの横に小さな扉がついたものが親子ドアです。

この小さな扉も開閉することができるので、両開きほどではありませんが広い開口部をつくることができます。

 

大きなものを出し入れすることが多い場合や、将来車椅子で出入りすることが考えられる場合に検討するといいですね。

〇片袖ドア・両袖ドア

片開きドアと、片方に固定されたガラス部分で構成されているのが片袖ドアです。

ガラス部分は固定されていて開けることはできませんが、ガラスから自然光が入るので、玄関が明るくなります。

また、両袖ドアは片開きドアの両側に固定式のガラス部分があります。

〇引き戸・引き違い戸

和風のお家なら、引き戸や左右どちらの方向にも動く引き違い戸の玄関を考えてみてもいいですね。

ベビーカーや車椅子を押しながらでも開閉しやすく、ラクに出入りできます。

ドアの開閉によるデッドスペースを最小限に抑えることも可能です。

ただし、玄関ドアに比べてどうしても気密性が落ちてしまうデメリットもあります。

素材

〇金属製

アルミ製やステンレス製など金属製の玄関ドアは軽量でデザインやカラーが豊富。

お家に合ったものやお好みのものを見つけやすいといえます。

木製のように見えるシートを貼ったドアもあります。

〇木製

木製の玄関ドアは、その質感や風合いが魅力。どうしても傷がつきやすかったり、色あせしたりしますが、それらの経年変化も魅力といえます。

金属製のドアよりも比較的高価なものが多いです。

選び方のポイント

お家の大きさや重厚感、洋風の家か和風の家か、外壁の種類や色などによって合う玄関ドアの種類や素材を選んでいきましょう。

 

そして玄関ドアの色選びのポイントは、玄関ドアをお家全体のアクセントにするか、馴染ませるかということです。

 

アクセントにしたいなら壁の色に対してより目立つ色を採用します。

グリーンやネイビーなら、白い壁とも調和しやすく取り入れやすいといえます。

 

お家に馴染ませたい場合、壁の色よりも少し濃いめの色を選ぶと調和します。

玄関枠や窓枠、ベランダなどの出っ張り部分と同じ濃い色合いにするとメリハリができます。

 

白い外壁にダークブラウンの玄関ドアならモダンな印象に。

外壁と玄関ドアを白・グレー・黒などモノトーンでまとめるとクールな印象に。

シルバーの扉もおしゃれです。

 

玄関ドアばかりが目立ってしまうことのないように、お家全体のバランスを考えて色選びをしましょう。


毎日家族を送り出し、迎え入れてくれる玄関ドア。

ぜひお気に入りのものを見つけてステキなお家にしてくださいね!