大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

実家の減築をすすめますか?~ライフスタイルが向上するかも!?~


古くなったお家のリフォームを考えるとき2階建ての住宅を平屋にするなど、減築するという選択肢もあります。

ライフスタイルに合わせて検討してみませんか?

減築とは

「減築」とは、一言でいうと建物の床面積を減らすことで、「増築」の対義語となります。

たとえば2階建てのお家の2階部分をすべて取り除いたり、使わなくなった部屋を丸ごと取り除いたりするリフォームのことをいいます。


子どもが独立してお家に住む人が高齢のご夫婦だけになった場合、広いお家だとお掃除やお手入れが大変だったり、階段を上り下りするのが大変だったりすることも。

そんな変化に合わせて住まいを小さくすることで、より快適な暮らしを手に入れることができるかもしれません。

プランとメリット

減築には下に述べるように様々なプランが考えられますが、共通のメリットとしていえることは、広いお家を手入れする負担を軽減できることです。


建物が軽くなり耐震性が向上したり、冷暖房の効率がよくなり電気代を節約できたりするメリットも。


また、固定資産税の軽減も大きなメリットといえます。

① 2階建てを平屋に

子どもたちが独立し子ども部屋が不要になったりして、2階を使うことが減った場合に2階をすべて取り除くリフォームで、最もポピュラーな減築です。


洗濯物を干したりお掃除したりするために階段を上り下りするのがつらくなってきた場合や、寝室が2階にあり階段の上り下りが不安な場合、介護を楽にしたい場合などにおすすめです。

② 2階の一部を削る

2階で使わなくなった部屋を取り除くプランです。

子ども部屋やトイレを削ってハーフバルコニーをつくったり、日当たりをよくしたりできます。

③ 1・2階とも一部を削る

2階建ての1・2階両方の一部を削るプランです。

駐車場を広くしたり庭にしたりして、新しい暮らしを始めるのにおすすめです。

お隣との間隔を空けたい場合にも有効です。

④ 2階建ての吹き抜けに

2階のスペースの一部を削り吹き抜けをつくることで、明るく開放感のある空間をつくることができます。

⑤ 平屋の一部を削る

平屋の一部を削ることで駐車場を広げたり庭をつくったりできます。

隣家との間隔を空けたい場合にも有効です。

デメリット

減築をする際のデメリットとして、通常のリフォームよりも費用がかかる場合がある点が挙げられます。


建物を解体する際に必要な足場の設置代、廃材の処分代、減築した部分に新たに手を加える必要のある屋根や外壁の費用など。

仮住まいが必要になってくることも多く、その費用がかかってくることも。

事前にしっかりと施工会社と相談して見積もりをもらい、不安のないようにしておきましょう。


なお、減築のために住宅ローンを組むこともできますし、減築により耐震性が向上すると認められれば、耐震補助金を受け取ることもできます。


子どもが巣立ったあともお気に入りのお家や土地に減築リフォームして住み続けるのは、ライフスタイルを向上させる選択の一つと言えるんですね。

費用対効果を考えた上で検討してみてもいいかもしれません。