大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

フラット35を利用する場合のお得なテクニックとは?


家の模型と電卓

住宅ローンを固定金利で借りようかな?と考えている方の中には、フラット35を検討している方も多いのではないのでしょうか?
このフラット35、実はお得に利用できるテクニックがあるのです。
そこで今回は、このフラット35のお得な借り方をご紹介していきたいと思います。

フラット35は長期固定金利の住宅ローン

LOAN

フラット35はとは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提供している全期間固定金利の住宅ローンです。
長期にわたって、全期間固定金利で住宅ローンを融資する資金の調達が難しいとされています。
それに対して、フラット35は、独立行政法人である住宅金融支援機構が、民間の金融機関から住宅ローンを買い取って証券化するという仕組みになっているため、長期的な資金調達が可能となっているのです。


完済まで返済額が変わらないので、


・返済計画が立てやすい
・金利上昇の心配がない


といったメリットがあり、堅実に返済していきたい方向けの住宅ローンとなっています。

フラット35を利用する場合のお得なテクニック3選

金利

フラット35は、どこで・どういった条件で借りても同じでは?と考える方が多いかと思います。
実は、フラット35をお得に利用するテクニックが3つあります。

①頭金を入れると金利が下がる

今は低金利ということで、あえて頭金を入れずに、フルローンを組む方も多いです。
もちろん、フラット35でも審査が通れば、フルローンで融資を受けることも可能ですが、実はフラット35では、頭金を1割入れると、金利が下がるシステムとなっています。
もし、フラット35を利用しようかなと考えている方は、頭金を用意できないか検討してみてください。

②フラット35は販売窓口となる金融機関選びがポイント

フラット35は、住宅金融支援機構の住宅ローンですが、都市銀行や地方銀行、ネット銀行まで、様々な金融機関が販売代理店として取り扱っています。
このことから住宅金融支援機構は、フラット35の金利の上限・下限を設定することになりますが、その設定された金利の範囲の中でも、取扱金融機関によって微妙に金利が異なります。


また、金利は低ければ低いほど、融資を受ける側としては有利なものの、実は事務手数料が高く設定されており、実質的には金利が高かったという場合もあります。
したがって、住宅ローンの借り入れ諸費用まで細かく比較して金融機関を選ぶことが、お得にフラット35を借りるコツにつながるといえます。

③夫婦で住宅ローンを組むなら、夫婦連生団信が使える

夫婦がお互いを連帯債務者として住宅ローンを組む場合、フラット35だと夫婦連生団信も利用できるメリットがあります。


例えば、夫を主債務者、妻を連帯債務者として住宅ローンを組む場合、通常の団信だと、夫に万が一の場合は住宅ローンの残債が団信によって相殺されて0円になりますが、妻に万が一の場合は住宅ローンが残ってしまいます。


しかし、夫婦連生団信を利用すると、夫婦どちらかに万が一のことが起きても、住宅ローンの残債が全額弁済されます。
また、共働きの夫婦の場合、夫婦どちらかが亡くなってしまうと、住宅ローンの返済どころか、生活が立ち行かなくなる可能性もあります。
夫婦連生団信を利用すれば、そういったリスクを減らすことができるのもメリットになります。


ちなみに、このような夫婦連生団信を利用できる住宅ローンは、数少ないのが現状です。
こういった面からも、夫婦連生団信を利用したい場合には、フラット35がオススメです。


今回は、フラット35をお得に利用するテクニックをご紹介しました。
フラット35には、様々なメリットがありますが、利用するにはマイホームがフラット35の技術基準に適合しなければなりません。
フラット35の基準に適合するマイホームを建てるためには、ハウスメーカーへ「フラット35の利用を考えている」ことを伝えてみてください。