大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

どう変わったの?団体信用生命保険付きとなった「フラット35」


一戸建て

CMでもおなじみの住宅ローン「フラット35」が、2017年10月1日受付分から
機構団体信用生命保険付きに生まれ変わりました。
そこで、今回はフラット35の生まれ変わったポイントについてご説明したいと
思います。

まずはここを押さえておこう!フラット35ってどんな住宅ローンなの?

家とチェックボックス

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する
全期間固定金利型の住宅ローンです。
全期間固定金利のため、金利上昇が心配な方には、オススメの住宅ローンと
なっています。
しかし、借入先の金融機関によって金利が変わる場合や、リフォームのための資金には利用できないなどのデメリットもあるので注意しましょう。

■団体信用生命保険とは?

住宅ローン返済中に死亡または高度障害状態になった場合、以後の返済が不要となる
生命保険のことです。
この保険の仕組みというのが、住宅ローンの契約者が保険の被保険者となり、契約者に万が一のことがあった場合、住宅ローンの借り入れ先金融機関に対して、債務残高と
同額の保険金が支払われるというものです。


民間の住宅ローンでは、この団体信用生命保険(以下、団信)へ加入しなければ
ならない場合がほとんどですが、保険料は金利に含まれていました。
しかし、このフラット35では、そもそも団信自体への加入が任意となっており、
フラット35の加入者で団信へ加入したい人は、別途保険料を支払う必要が
ありました。

2017年10月1日以降のフラット35はどう変わったの?

フラット35や団信について押さえたところで、2017年10月1日からフラット35が
どのように変わったのかを説明しましょう。


この新しいフラット35では、機構団信(もしくは新3大疾病機構団信)付きの
住宅ローンが始まりました。
機構団信へ加入する場合の保険料は、金利に含まれており、新3大疾病機構団信へ
加入する場合でも、金利は+0.24%となっています。
また、以前に別にかけていた機構団信のときよりも保障内容の充実が
図られているので、フラット35は一気に注目を浴びるようになりました。

「団信が付いていないフラット35」という選択肢も残されている

医者

フラット35に団信がついたことはメリットとなる人は多いですが、持病があるので
団信に加入できずに民間の住宅ローンを組めない人にとっても、フラット35は選択肢となります。


というのも、フラット35は、以前のように団信に加入しなくても借りられるプランも残されているからです。
団信の保険料を払わなくて済む分、団信付きのフラット35より低い金利
(機構団信付きフラット35の金利-0.2%)で借りることができます。


民間の住宅ローンを組めずにどうしよう?と困っている方がいたら、フラット35を
候補に入れてみてくださいね。


今回は、住宅ローンの中でもフラット35について説明しました。
今までは、団信には別途加入が必要だったフラット35ですが、団信付きになり、
ますます借入先の住宅ローンとして、選択肢の候補にのぼる存在となりました。


住宅ローンを組む際には、よく比較検討して、ご家庭の状況に合う住宅ローンを借りるようにしましょう。