大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

平屋の魅力って?~今、人気が高まっている理由~


1階建ての住宅、「平屋」。

かつて日本では平屋が多かったですが、現在では2階建てが主流です。

でもまた現在、平屋の人気が高まっているとか。

今回は、その人気の秘密を探ります。

平屋の魅力

① ワンフロアで暮らしやすい

平屋の場合、当然ですが玄関、LDK、居室、バスルーム、洗面所、トイレなどの生活空間がワンフロアにまとまっており、階段を使って上下の移動をしなくていいので、家の中の移動が楽にできます。

洗濯物を干しに2階のベランダに上がったり、掃除機をもって2階に上がったりする必要がなくなり、家事動線がシンプルになるということです。


段差がないバリアフリーの平屋は高齢の方にとって安全で暮らしやすいのはもちろん、赤ちゃんやペットがいるご家庭でも安心して暮らすことができます。

またどこにいても家族の気配を感じることができ、コミュニケーションもとりやすくなります。

② 開放感を出せる

平屋の場合、上階がないため天井を高くつくりおしゃれな雰囲気にすることができます。

縦空間の広がりを利用してロフトをつくり、書斎や子ども部屋として使ってもいいですね。


視線の抜け感や奥行き感も出しやすく、横の広がりも出せることでより家の中が広く見えます。

③ 設計の自由度が高い

平屋は2階建てに比べると設計を自由にしやすく、中庭をつくってコの字型やロの字型の建物にするなど、柔軟につくることができます。

ゆったりとした気分で庭を眺めたり、子どもが安全に遊べるスペースをつくったりと、暮らしがより豊かになりそうです。

④ 地震・災害に強い

建物は重心が低いほど地震に強いことから、2階建てに比べると平屋は重心が低く重量も軽いので、耐震性が高いといえます。

また、台風など風の影響も受けにくく、万一の避難時も逃げやすいといえます。

⑤ 修繕費用を抑えられる

2階建てに比べて平屋は屋根や外壁などを点検しやすく、いざメンテナンスが必要となった場合も大きな足場を組む必要がないため、修繕費を安く抑えられます。


外壁の汚れも取りやすく、雨樋にたまった落ち葉の掃除などもしやすいですね。

平屋のデメリット

① 広い土地が必要

同じ広さの家を建てるとして、平屋は建物がすっぽり収まる土地が必要になりますが、2階建てなら2フロアに分けられるので小さい土地でも建てることができます。


また、平屋の場合は周りが2階建ての住宅に囲まれるとお隣の2階から見下ろされるようになってしまい日当たりも悪くなるため、ある程度広い土地にゆとりをもって建てる必要があります。


住宅を建てる際には、用途地域によって[敷地面積に対する建築面積]である建ぺい率と、[敷地面積に対する延床面積]である容積率が決められていて、市区町村のホームページなどに掲載されています。

平屋を建てたいと思ったら、欲しい広さのお家が建てられる土地はどれくらい必要かを確認してみるといいでしょう。

② 建築費が割高になる

平屋は2階建てと比べると基礎部分や屋根の面積が広いので、どうしても材料費や工事費が高くなり、坪単価は高くなる傾向にあります。

設計のポイント

おしゃれな平屋にするためには、いくつかのポイントがあります。


まず、屋根を片流れにしたり、外壁にこだわったりしてモダンな雰囲気をつくることが大切です。

開放感を演出できる勾配天井もおすすめ。


高い天井に天窓をつくって明るさをアップしたり、ウッドデッキをつくってアウトドアリビングのように使ったりと、おしゃれな空間で自然を楽しめるお家にしてもいいですね。


また、できれば平屋の設計の経験が豊富な方に担当してもらうといろいろなアイデアを提案してもらえるでしょう。


在宅ワークが増えている現在、郊外エリアにお家をもつという選択肢が増えたこともあり今、平屋の魅力に注目が集まっているのかもしれません。

ライフスタイルに合わせて、魅力いっぱいの平屋も検討してみてくださいね。