大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

今の家は売れるかしら…?住み替えのお悩みに答えます


家

子供の独立に合わせてマンションへ住み替える方、家族が増えて広い一戸建て住宅に
住み替える方など、最近では、ライフプランに合わせて住み替えを検討する方も
増えてきました。


そこで気になるのが、今の自宅の資産価値です。
本当に自宅が売れるのだろうか?売れなかったらどうなるの?と悩んでいて、
住み替えを迷っている方もいるかもしれません。
そこで今回は、自宅の住み替えを成功させるための手順や注意点について
ご紹介したいと思います。

自宅を住み替えたい場合のスケジュールは?

家と電卓とスケジュール

自宅の住み替えを成功させるためには、まず住み替えの流れを把握しておくことが
大切です。
一般的な住み替えスケジュールは、おおよそ次のとおりになります。


①自宅を売却する
②新居を購入する
③引越しをする


簡単に3ステップでご紹介しましたが、実際不動産の売買手続きは、
様々な手続きが必要です。


例えば、自宅を売却するにしても、「不動産業者へ仲介を依頼」⇒「広告宣伝」⇒
「内覧の対応」⇒「売買契約」といった数々のステップがあります。
すぐに買い手が見つかるとは限りませんし、自宅の売却益を新居の購入費用に充てる
予定だった場合は、決済スケジュールが合わないと、新居の購入にも影響が
出るかもしれません。

そこで、スムーズな住み替えを実現させるためには、なるべく自宅の売買時期と
新居のローン決済をなるべく同時期に行うのがコツです。
もし、予算が合うようであれば、先に自宅を売却して、余裕を持って新居を探すのも
良いでしょう。

住み替える場合は資金計画に注意!

家と電卓とお金

自宅を住み替える際、一番気をつけなければならない点が「資金計画」です。
ここでは、3つの注意点をご紹介したいと思います。

①住宅ローンの残債に注意

自宅を売却する際、「住宅ローンの残債」には注意しましょう。
なぜなら、住宅ローンが残っていると売却が難しい場合があるからです。
住宅ローンを完済している場合は問題ありませんが、「住宅ローンの残債」が
「売却額」を上回っていると、手元にある貯蓄から住宅ローンを完済する必要があります。
これに当てはまる場合は、新居の予算を考える前に自宅がいくらくらいで
売れそうなのかを調べると、予算を考えやすくなります。

②思うような売値がつかないことも

築年数が経っている物件の場合だと、なかなか思ったような売値がつかないばかりか、買い手があらわれないこともあります。
ただし、築年数が経っているというだけで諦めてはいけません。
なぜなら、不動産のプロでないと、不動産の価値がなかなか分からないもの
だからです。
したがって、自宅がいくらくらいで売れそうなのかを、事前に不動産屋さんへ
相談することをおすすめします。

③仮住まいの費用などのコストがかかる場合も

自宅の売買が先に済み、引き渡した後から新居への入居までの時期が空く場合、
仮住まいが必要になります。
また、引っ越しの時期が繁忙期に当たるなどの場合でも、引っ越し費用が高くなると
いったことがあります。
こういった不動産の「売買以外」にも、必要となる費用があることをあらかじめ
知っておくと安心です。

自宅を住み替えたい場合のスケジュールは?

営業マン

「今の家は売れるかしら?」「新居の予算を後から減らすのはイヤだ!」と
いった方は、「買取保証制度」を利用するのがおすすめです。
「買取保証制度」とは、まずは住宅を売りに出してみて、もし買い手が見つからない
場合には、事前の買取査定価格で自宅を買い取ってもらうというものです。


買い取り査定価格は、一般的に通常の売買よりも値が下がることもありますが、
住み替えスケジュールを立てやすくなるばかりか、資金計画の見通しも立てられるので、安心感が生まれます。
買取保証制度のあるハウスメーカーに、ぜひご相談されてみてはいかがでしょうか。


今回は、自宅の住み替えについてご紹介しました。
ご家族のライフスタイルに合わせて、自宅を住み替えるというのは、
とても合理的ですし、おすすめです。
また、自宅の資産価値によっては、購入したときとあまり変わらないような値段で売れたという場合もあります。


自宅の住み替えでポイントとなるのは、「タイミング」です。
資金に余裕のある方だと問題ないですが、通常は自宅の売却益に合わせて、住み替え先を検討される方がほとんどです。
「思うように自宅が売れなかった」などの住み替えに後悔しないように、
まずは専門業者へご相談されることをおすすめします。