大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

成功するリフォーム術~時間と費用を効率よく~


壁紙を貼る子供

お家が建ったばかりのときは気にならなくても、
10年、15年と暮らすうちに
家の中や外の劣化や不具合が気になってくるもの。
そこで、これからもより快適に暮らしていくために
「リフォーム」が必要になってきます。
できるだけ、費用も時間もムダなく効率よく
リフォームするための情報を知っておきましょう。

築年数に応じたメンテナンスって!?

お家の立地条件や使用条件、構造などの条件で異なってきますが、だいたい築10年を過ぎたあたりから、給湯器やトイレの不具合、キッチン・洗面所の水漏れ、外壁の劣化や壁紙のはがれなどが目につき始めます。
そろそろリフォームのことを考え出すのが築10年くらい経った頃、といえますね。
お家に関するものが、何年くらいでリフォームが必要になってくるのか、およその目安を知っておきましょう。

◯外壁

建物外壁

外壁には、建物の構造の中心となる柱などに雨が入り込むのを防ぐ役割もあります。外壁の塗膜がはがれて外壁基材が露出してしまうと、構造部分に不具合やひび割れなどの傷みが出てくることも。
大規模な修繕が必要になる前に、10年~15年ごとに塗り直すなどメンテナンスするのがおすすめです。

◯屋根

外壁と同じく、家を守ってくれる屋根も、種類によっては一般的に10年で塗装、20年で葺き替えといわれています。
使われている屋根の材料や日当たりなどの状況によって傷み具合も様々なので、屋根の色がバラついていたり、ひび割れがあったり、コケや藻が生えてきた場合などは、屋根塗装を考えましょう。
塗装せずにいると、悪化して葺き替えしないといけない状況になることもあるので、外壁塗装のタイミングと一緒に考えるのがおすすめです。

◯浴室・洗面所・キッチン・トイレ・給湯器

建物外壁と給湯器

水まわりの設備は、だいたい10年前後で不具合が出てくることが多いようです。
浴室や洗面所、キッチンから水漏れしていてそのまま放っておくと、土台や下地材の腐食が知らない間に進んでいるケースも多いそう。
腐食が進んでしまうと、土台や下地材まで取り替えなければいけないこともあるため、水漏れがあったり、排水溝のつまりなどを発見したら、なるべく早く対応しましょう。

◯床・壁紙

建築中の建物室内

床材や壁紙は傷みや汚れが気になってきたら、リフォームをしましょう。
畳は5~6年で表替え、10~15年で新調するのが一般的といわれています。
新調を機に、色褪せや劣化の少ない和紙畳などに替えてもいいかも。
フローリングはへこみや沈みを発見したり、きしむ音が気になってきたら。
壁紙は、継ぎ目がはがれてくるので気になったらそれぞれリフォームを考えましょう。

◯窓まわり

窓まわりのリフォームは、窓がスムーズに開閉できない、スキマができているなど建てつけ不良の改善や、結露防止対策、騒音防止対策、盗難防止対策などを行うリフォームになります。
築20~30年で見直すといいそうです。

メンテナンスで長持ちさせる

建物設計図を見る人

これまで見てきた家本体や設備の経年劣化によるリフォームは、その時期を逃してしまうと劣化が進み、補修に手間がかかるような事態になることもあります。
お家を長持ちさせるためには、不具合がでてきてからあわてて工事するのでなく、適切な時期にリフォームしておくことが大切。
そうすることで最近の住宅は長持ちするようにできています。

ライフスタイルの変化に合わせて

子供と遊ぶ女性達

建物や設備の劣化によるリフォームだけでなく、家族の住まい方に合わせたリフォームも考える必要があります。
子どもが増えたので子ども部屋をつくる。子どもが独立したのでその部屋の活用法を考える。親と同居することになったのでバリアフリーにするなど、家族構成の変化に合わせて、お家も変化させていきましょう。

 

さらに、より手入れしやすい換気扇や食器洗い洗浄機がついたキッチン、床暖房、たっぷりの収納、自動シャッター雨戸、オール電化など、より快適で便利な暮らしへと刷新したい場合もリフォームの機会となります。

ポイントは時期の見極め

建設中の建物

このようなライフスタイルに合わせたリフォームの時期は、家族の年齢やお家の購入時期によって様々です。

 

そこで、家本体や設備のリフォームの目安時期を知った上で、自分たち家族のライフスタイルが大きく変わりそうな時期を見極め、できるだけまとめてリフォームするのが、費用も時間も最小に抑えることのできるリフォーム術です。

 

いき当たりばったりでリフォームしていくと、同じところに何度も手を入れることになって費用にムダが発生しますし、つぎはぎになって仕上がりが美しくなかったりしてしまいます。

 

たとえば外壁塗装のときには足場をかける必要があり、同時に足場の必要な屋根の塗装やベランダのメンテナンス、雨どいの補修なども一緒にしてしまうのがポイント。

 

リフォームしてからなるべく長い間快適に暮らせるよう、将来を見越してかしこいリフォームプランを立ててくださいね。


いかがでしたか?
お家は家族と一緒に育っていくもの。
大切にメンテナンスしながら、できるだけ永く
住めるようにしたいですね。