大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

太陽光発電で電気代を節約しよう!


ソーラーパネル

近ごろ、民家の屋根の上に太陽光パネルが設置されているのを、
よく目にするようになりました。
自然エネルギーで環境にも優しい太陽光発電ですが、太陽光発電をすると
電気代を抑えることができるだけではなく、売電収入や災害時の安心にもつながると
言われています。
今回は、家庭用の太陽光発電システムについてご紹介します。

太陽光発電システムはどういう仕組み?

疑問

太陽光発電システムとは、太陽の光エネルギーを太陽電池モジュールが電力に
変換するという発電システムのことです。
生み出された電力は、パワーコンディショナーによって家庭で使用可能な電力に
変換されます。


なお、生み出された電力は自家で消費したり、消費しきれなかった電力を電力会社へ
売って利益を得る(売電)ことができます。

太陽光発電パネルをつけるメリットとデメリット

メリット

太陽光発電パネルをつけた方が毎月の電気代が安くなるだけでなく、
売電収入による付加価値も見込めることも魅力の1つです。
そこで家庭用の太陽光発電パネルを設置するメリットとデメリットを
比較してみましょう。


■太陽光発電パネルを設置するメリット

1.電気代が安くなる
家庭用の太陽光発電システムは、基本的に自給自足と言われています。
つまり自家発電した分はご家庭で消費する仕組みになります。
特にオール電化住宅では家庭で必要となる電力量も多くなるので、電力会社から
購入するより電力を自家発電できると、その分電気代を抑えられるのです。


2.売電収入
発電した電力を使いきれない場合、この余った電力は電力会社に買い取ってもらうことができます。
これにより得られる収入のことを売電収入といいます。
電気代を抑えられる上に売電収入まで得られる仕組みはとってもお得といえます。
設置するだけで利益を生み出してくれる存在は大きなメリットとなるはずです。


3.災害時に安心
近年多発している自然災害により、電気などのライフラインが止まってしまうことも
少なくはありません。
しかし、太陽光発電を設置していれば、パワーコンディショナーを自立運転機能に
切り替えることにより電力を使用することも可能です
(※ただし発電している晴天の昼間に限ります)。
太陽光発電を設置していると災害への備えにもなるので安心ですね。


■太陽光発電パネルを設置するデメリット

デメリットは設置するための初期費用と、その後のメンテナンス代がかかることです。
しかし、国自体が自然再生エネルギーの導入を促進していることから、
自治体によっては設置費用に対して補助金を出しているところもあるので
確認してみましょう。

太陽光発電システムをつけるとこんなにお得!魅力は売電収入だけではない

太陽光発電システムで得られるメリットは、なにも売電収入だけではありません。
光熱費アップを抑えられたり、停電時への万が一の備えになるなど、
売電収入以外にもメリットがたくさんあります。


このような制度も上手に利用すると、太陽光発電システムによってお得に生活することも可能となります。


今回は家庭用の太陽光発電システムについてご紹介しました。
特にオール電化住宅の場合、電気代が高くなる傾向にありますが、
太陽光発電で電力をまかなうことができたら電気代を抑えることも可能です。


環境にも優しく、屋根に設置するだけで発電し続けてくれる太陽光発電システム。
マイホームに是非取り入れてみてはいかがでしょうか?