大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

いいソファを探そう~リラックスする大切な場所~


これから建てるお家のリビングには
ソファを置きたい!と
考えている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ソファについてのお話です。
基本的な構造や選び方、
お手入れ法など詳しくご紹介します。

ソファの構造

ソファでくつろぐ犬

ゆったりくつろいだり、テレビや映画を観たり、お客様をおもてなししたり、いろいろな場面で活躍するソファ。そのカタチは違っても、だいたい同じ構造でできています。

〇骨組み

木製のフレームで、ソファ全体の骨組みがつくられます。その骨組みの上を、ウレタンフォームで覆っていきます。

〇衝撃吸収材

骨組みの上には、座ったときの衝撃を和らげ、座り心地を安定させるため衝撃吸収材が取り付けられます。衝撃吸収材には主に下記の3種類があり、ソファのタイプや価格によって使用されるものが異なりますので、購入の際にチェックしてみてくださいね。

 

【コイルスプリング】

縦巻きのコイルスプリングは、耐久性が高くへたりにくいため、比較的高価なソファによく使われます。

 

【ウェービングテープ】

繊維とゴムを混ぜたような素材のテープを座面下で縦横に組んで配置されます。

 

【S字バネ】

S字のバネを横に連結させ、しなやかな弾力性を実現できる衝撃吸収材です。

〇座面

衝撃吸収材の上の座面には、主にウレタンフォームが使用されています。ウレタンフォームの密度や厚み、硬さによっても座り心地が変わりますので、購入の際に座ってよく確かめましょう。

〇背面

ソファの背面

もたれた時の心地よさを左右するのが背面。ウェービングテープとウレタンフォームが使われていることが多いですが、高価なものは背面にもコイルスプリングが使われていることがあります。

〇ひじかけ

ひじかけは、主に骨組みとウレタンフォームでできています。ひじかけの有無で寝転びやすさなどが変わるので、必要かどうかも考えましょう。

〇脚

ソファ

脚の有無、高さや素材によって印象も異なってきます。
脚の低いソファは安定感があます。脚が高いソファは洗練された印象をつくりやすく、掃除機もかけやすいですね。

〇張地

ソファーの表面を覆う張地には、下記のように、本革、人工皮革、ファブリックがあります。

 

【本革】

ソファの革のお手入れ

牛革が多く使われ、高価ですが耐久性が高く、大事に使用すれば20~30年くらい持つこともあります。使いこむほど味のある風合いが出ます。

 

普段のお手入れは、乾いた布でやさしく表面を拭きます。長く使うために、乾燥対策の皮革用オイルやクリームを塗ってお手入れしましょう。

【人工皮革】

加工や着色がしやすく、コーディネートしたい色を探しやすいのがうれしい素材。比較的安価で求められるのも魅力でしょう。
使っているうちにひび割れが生じてくるので、寿命はだいたい5年から10年くらいといわれています。

 

普段のお手入れは、乾いた布や水で濡らし固く絞った布で表面を拭きます。人工皮革の中には、酸性やアルカリ性に弱いものがあるので、変色などに気をつけましょう。

【ファブリック】

クッションとソファ

あたたかみを感じられるファブリックは、カラーバリエーションも豊富。
汚れやダニには弱いですが、洗濯できるカバータイプもたくさんあります。

 

普段のお手入れは、掃除機でホコリやゴミを吸い取ります。汚れが気になるときは、中性洗剤を薄めてつけ、固く絞った布でたたきながら拭きとり、再度固く絞った布でたたいてから乾かしましょう。

タイプ選び

ひとことでソファといっても、そのカタチは様々。
ソファに座って主にどんなことをしたいのか、その姿を想像しながら選びましょう。

【ラブソファ】

ラブソファ

通常の2人掛け用ソファより少し小さめのソファ。お部屋にゆとりをもちたい方にもおすすめです。

【シェーズロングソファ】

シェーズロングソファ

背面にもたれたまま、足が伸ばせるソファ。よりリラックスしたい方におすすめです。

【コーナーソファ】

コーナーソファ

お部屋の角に置くソファ。広めのリビングにおすすめです。

【ソファーベッド】

簡易ベッドとしても使用できるソファ。
親戚や友人がよく泊まりにくるお家におすすめです。

【ローソファ】

脚がないタイプのソファです。床座に慣れている方や、リビングテーブルで食事することが多い方におすすめです。

カラー選び

ブルーのソファ

さて、どんなタイプのソファにするか決まったら、次はカラー選びです。

 

全体に落ち着いた空間づくりをしたい場合は、天井か床の色に似た色のソファを選ぶのがおすすめです。

 

ソファを強調したい場合は、ソファ以外のアイテムのカラーを床や壁と同じようなカラーで統一しましょう。

 

リビングの印象を決める大きなポイントとなるソファ。
家族の暮らしやくつろぎに深く関わるツールだからこそ
実際にたくさん見て、座って、じっくり選んでくださいね!