大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

新築一戸建てに欠かせない基礎工事の重要性とは?


人生の節目となるマイホームの建築工事ですが、全工程の中でも重要な工事の一つが、基礎工事です。 末長く安心して暮らせる一戸建てには欠かせない基礎工事ですが、今回はなぜ基礎工事が重要なのか、基礎工事を行う上で注目したいポイントはどこかについて、ご紹介していきます。


基礎工事とは

基礎工事は、建物を実際に建てる前に行う、土台づくりの工事を指しています。


なぜ基礎工事が新築一戸建てに必要なのか

どれだけ建物そのものが頑丈であっても、土台が適切かつ頑丈に作られていなければ、地震や水害などで簡単に倒壊してしまい、建物の堅牢性を発揮することができません。 また、大きな自然災害が発生していなくとも、5年10年とその家に住み続けることで、土台がきちんと固められていなければ、少しずつ傾いていくことも起こりえます。 基礎の歪みは生活に支障をきたしてしまうだけでなく、家や土地の価値にも悪影響が出てしまい、取り返しがつかない部分です。しっかりと工事を行っておく必要があります。


基礎工事の種類

基礎工事にはいくつかの種類がありますが、日本において最もポピュラーなのは「ベタ基礎」と呼ばれる基礎工事です。 ベタ基礎はその名の通り、一戸建ての地面に接する部分を鉄筋コンクリートでベタ塗りしてしまい、基礎を面として固めるという手法です。 安定性と耐久性に優れ、さらには防虫、防湿にも優れていることから、多くの基礎工事において採用されています。 また、ベタ基礎よりも古くから日本で使われてきた手法としては、「布基礎」と呼ばれる工事も存在します。 べた基礎との大きな違いは、基礎が立ち上がっている部分以外の建物の底部分には鉄筋やコンクリートが無く、 べた基礎が面で荷重を受けるのに対して布基礎は基礎の一部分に荷重が偏りやすいため、 べた基礎の方が安定して荷重に強いと言われています。 防虫・防湿についても地面をコンクリートで覆ってしまうべた基礎の方が優れています。


基礎工事の流れ

ここでは、一般的な基礎工事、いわゆるベタ基礎の実際のプロセスについて、

解説しましょう。


地盤調査

着工前に必ず行っておくべきなのが、地盤調査です。 地盤調査では地盤が建物を支えられるほどの強さがあるかを確認します。 地盤の状態次第では基礎工事の内容が変わる可能性が出てくるため、しっかりと行うことが大切です。


地縄張り

続いては地縄張りです。建物がその土地のどの範囲に実際に建てられるのかをしっかりと縄を貼って確認し、工事の準備を整えます。 縄を貼り終わったら、基礎工事を行う深さまで土を掘ります。 これを根切りと呼び、その後は細かく砕かれた石(砕石)を穴の中に敷き詰める作業に移ります。


コンクリート打設

砕石のしき詰めが終わったら、ビニールシートの上に捨てコンと呼ばれる仮のコンクリートを流して平らにしていきます。 その後、基礎の底板と立ち上がり部分に鉄筋を組んで型枠を組み立て、基礎の底板、そして立ち上がり部分にコンクリートを流し込んでいきます。


養生

コンクリートを流し込んだ後は、損傷が出てしまわないよう、しっかりと固まるまで養生し、その後に型枠を外します。


基礎工事のチェックポイント

以上が基礎工事の一連のプロセスとなりますが、これらを丁寧に行うかどうかで基礎工事のクオリティも大きく左右されます。 基礎工事を丁寧に実施するため、注目すべきポイントはどこにあるのでしょうか。


適切な地縄張りが行われている?

基礎工事のクオリティを確認するためには、とにかく実際に現場へ足を運んでみることが重要になります。 実際の工事現場で確認しておきたいのは、まず適切な地縄張りが行われているかどうかです。 図面上では問題がなく、さらには図面と実際の工事中の地縄の張り方に問題がなくとも、その周囲に懸念事項が隠れている場合があります。 隣接物件との空間は十分に保たれているか、建物には直接含まれない駐車場スペースは、十分に機能性を確保できる余裕があるかどうかなど、周囲との干渉の有無を確認しておきましょう。


鉄筋の数は図面通り?

基礎工事における鉄筋の本数は非常に重要で、適切な本数がしっかりと図面通りに実際の工事で使用されているかは見逃せないポイントとなります。 図面では適切な数が使用されていても、実際には図面よりも少ない本数で工事が進行されるというケースは起こり得るものです。 また、鉄筋が正しくコンクリートに覆われているかどうかも重要な指標です。 これは、鉄筋が十分にコンクリートに覆われていないと、錆びやすくなってしまうためです。


アンカーボルトの設置に問題はない?

コンクリートを固める際、基礎と土台をつなぎ合わせるためのアンカーボルトと呼ばれる金具を取り付けます。 このアンカーボルトの設置はコンクリートを打つ前に行う必要があり、なおかつ中央部分に設置されていなければなりません。 アンカーボルトはコンクリートが固まってしまった後では手直しすることができない部分でもあるため、重要なチェックポイントです。


型枠の設置日数に問題はない?

コンクリートは、強度が出るまでにある程度の日数を要するため、 型枠を外すためには少し時間がかかります。 また、実際にコンクリートが固まるまでの具体的な日数は、 季節やその時の気温、湿度によっても異なるため、一概に何日ということはできません。


おわりに

基礎工事は新築一戸建てに限らず、あらゆる建築において必須の工程であると言えます。 建築基準法などが整備されてきたことで、ルールに従って作れば安全性や不動産価値にも支障のない一戸建てを建てることは可能ですが、正しく守られないケースもあります。 基礎工事は目に見えない部分の工事とはいえ、しっかりと現場に足を運び、実際の工事の様子を確認しておくことも重要です。 その際、チェックすべきポイントをできるかぎり自分でも確認し、問題のない工事であることを把握しておくと良いでしょう。