大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

後悔しない収納づくりのための6ポイント~住まいの不満1位、30年連続「収納」~


5_1_shutterstock_307277237

住まいに関する不満第1位は30年連続(!)で「収納」。

先日参加したリフォームセミナーで聞いた話です。

 

また、ある大手住宅業界紙が

家を取得した人に対して昨年行ったアンケートでは、

約3割以上の人が収納計画について失敗した、と

考えているそう。

 

今回は、お家を購入する時、新築やリフォームする時に

収納で失敗しないためのポイントについて考えます。

Point1 現在ある“もちもの”を把握する

新しい住まいに何をどれだけ入れるのか。

それを決めるために

まず現在のもちものをすべて把握します。

 

これがとても重要なことなので

ちょっと面倒かもしれませんが、

リスト化するといいかもしれません。

 

私もそうですが、自分の家にどれだけのものがあるのか

はっきりとわかっていない方は多いのではないでしょうか。

5_2

Point2 必要な収納量を把握する

今もっているものをすべて把握できたら、

次に必要なものと不要なものとに分けます。

ここで大事なのは

「必要なもの」=「使うもの」で

なければいけないということ。

 

使っていないものは減らしていかないと、

収納スペースがいくらあっても

スッキリ片付くことはありません。

 

使わない不要なもの、必要以上にもっているものは

思い切って処分するか、人に差し上げるか、

リサイクルショップなどに持っていきましょう。

 

新しくできる収納の空間にもローンなどを

払うと思えば、不要なものを持ち込むのは

もったいないですよね。

 

もちろん処分してしまってから後悔しないよう、

少し考えて決めたいと思うものはまとめておいて

期限を決めて必要か不要かを決めればいいですね。

 

こうして新しい収納スペースに入れる

ものの量が決まります。

5_3

Point3 ライフスタイル(動線)を把握する

収納量が決まったら、次は家族それぞれの動線の把握をします。

 

たとえば、奥様の朝のメイクを

寝室でするのか、リビングでするのか、洗面化粧台でするのか。

メイクをする場所によって、

メイク道具を収納する場所が変わってくるからです。

 

家族一人ひとりが、起床してから就寝するまでの間

どこで何をするか個々の動線を把握すると、

何をどこに収納すれば

効率よくものを出し入れできるのか

少しずつ見えてきます。

Point4 日常の収納をゾーニングする

注文住宅の場合、

ライフスタイルや動線を把握できれば

家族が生活しやすい間取りがつくれ

その間取りに合わせたものの収納スペースがつくれて

片付けやすいお家ができます。

 

基本的には使う場所の近くに

使うものが収納されていると便利。

使い勝手や出し入れのしやすさをポイントに

収納をつくりましょう。

 

設計者には漠然と「本がたくさんある」と伝えるのでなく

横幅◯cm、奥行き◯cm、高さ◯cmの本棚が欲しいと

具体的に伝えることが大切です。

 

建売住宅を購入する場合も

収納するものリストと

新しいお家のプラン図を見ながら

どこに何を収納すれば家族の動線に合って

すっきり片付けられるお家になるのか

考えることができます。

 

その際に注意したいことは

現在あるもちものに将来増えていくものを想定して

余裕分としてプラスしておき

ゆとりをもって計画することです。

5_4

Point5 長期・季節収納スペースを確保する

たとえばアルバムや子どもの作品、記念品、趣味の道具など

長期的に収納するものについては

温度や湿度など保存性を考慮して収納を考えましょう。

 

冷暖房器具やスーツケース、ひな人形、五月人形などの季節収納品も

どこに保管するのか忘れずにプランニングしましょう。

Point6 収納をコントロールし、スッキリ状態をキープ

しっかり収納計画を立てたお家では、

引っ越した時にも「どこに何を置くのか」が

決まっているから片付けもスムーズ。

引っ越してから何ヵ月もダンボールがそのまま、

なんてこともありません。

 

そしてスッキリ片付いたお家をキープするためには

努力が必要です。

頻繁に何をもっているのかリストを確認し、

何が増えたのかを見直しましょう。

そして不要なものは処分して収納をコントロールしていくことが大切です。

 

そうすればいつまでもスッキリ片付いた住まい、

満足できる収納をキープできるでしょう。