大阪・兵庫の”住まい”と”街”にまつわるお役立ちWebマガジン
powered by 昭和住宅大阪支店

もっと知りたい!「尼崎」の魅力☆~尼崎エリアの人気のヒミツを探ります~


shutterstock_332060174

兵庫県の南東端に位置し、大阪湾に面している尼崎市。
ものづくり産業都市として、日本の高度経済成長に大きく貢献してきましたが、近年は環境問題にも力を入れていて、日本の環境首都コンテストでトップレベルの評価を受けています。
お笑い芸人「ダウンタウン」や人気上昇中の女性コンビ「尼神インター(渚さん)」の出身地でもあり気さくなイメージのある尼崎。
今回はそんな尼崎の魅力に迫ります!

市内に13駅!大阪駅から最速5分

阪急・JR・阪神と3社の電車が通り、市内に計13駅と、市外への移動もとても便利な尼崎市。
大阪までは最速5分で到着し、約20%の人が大阪市へ通勤しています。

兵庫県下第4位の人口で、市南部のベイエリアに工業地域、中南部には商業地域、中部から北部にかけて住宅地が広がっており、ものづくりの最先端に今もある尼崎ですが、環境と共生する街づくりや地球温暖化対策に積極的に取り組んでいて、今は日本の環境首都コンテストでトップレベルの評価を受けています。
JR尼崎駅と直結したあまがさきキューズモールやグンゼタウンセンターつかしんなど、商業施設も充実。
「武庫之荘」駅界隈や、「塚口」駅北西方面など、阪急沿線を中心に閑静な住宅街もあります。

post721_img01

参照:http://www.amagasaki-ni-sumou.net/faq/live/35.html

気軽に楽しみたい商店街・銭湯・ホルモン焼き

大型商業施設も楽しいですが、尼崎に来たらぜひ行ってみたいのが商店街。
阪神尼崎駅から出屋敷駅まで東西南北に約600もの店が連なり、阪神間で最大規模を誇ります。
尼崎にこだわった商品やお土産が買えるお店もあり、阪神タイガースの優勝マジックを最も早く掲げる商店街としても有名で、三和本通商店街南西のサンロードには、お笑い芸人や野球選手など有名人の手形もあります。

post721_img02
post721_img03

 

100年近くの歴史を誇り、昭和レトロな雰囲気を味わえる銭湯も、尼崎にはたくさん残っています。

天然温泉、美しいモザイクタイル絵などそれぞれが個性的。いろいろな楽しみ方ができるスーパー銭湯もいいけれど、たまには銭湯で温まり地元の人と交流してみるのもいいかもしれません。

shutterstock_184247417

 

尼崎のソウルフードといえば、ホルモン焼き。
鉄網でなく、鉄板でホルモンを焼いたり煮込んだりするのが特徴です。お店の前で、おつまみ感覚で食べられるところも多いから、ぜひ堪能してみたいですね。

post721_img04

参照:http://ama-kan.jp/feature/sp2_14.html

子どもと遊べる場所もたくさん!オススメお出かけスポット

●元浜緑地

広さ3.8haもある公園内には、ロングスライダーのある大型遊具や水遊びのできるわんぱく池もあります。
水深25㎝から60㎝のわんぱく池には、手漕ぎイカダ、水のカーテン、ポンプや吊り橋など、小さな子どもが大喜びする仕掛けがいっぱい。

post721_img05

参照:http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/parks/082wanpakuike.html

 

●尼崎スポーツの森

一年を通し様々なスポーツを楽しめる施設です。
フィットネスクラブや 年中泳げる屋内プール 、FIFA公認の人工芝が敷き詰められたフットサルコート、ウォーターパーク「アマラーゴ」などがあり、冬季にはメインプールがアイススケート場に変身します。

post721_img06

参照:http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=53

 

●魚つり公園

武庫川の河口に位置するつり公園。さおのレンタルやえさの販売もあります。
釣れる魚の種類が豊富なのが特徴で、毎月、釣った魚の大きさを競う大会も開かれています。(※工事のため2017年7月まで閉鎖中)

post721_img07

参照:http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=53

 

●西武庫公園

約500本のソメイヨシノが咲くお花見スポット。
ちびっこ向けの遊具があるほか、交通公園としての機能もあり横断歩道や信号などが設置されていて、自転車の練習をする姿も見られます。

post721_img08

参照:http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=53

 

●武庫川コスモス園

2003年から毎年、地元のボランティアが武庫川の河川敷に種をまき、今では約500万本のコスモスが広がる名所になっています。

post721_img09

参照:http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=53

城下町としての歴史もあります

かつて尼崎には、大阪城の西の備えとして尼崎城が築かれていました。
阪神尼崎駅南側の城址公園には、当時の面影を残す石垣の城壁や日本庭園風の植栽、石畳の遊歩道が整備されています。築城400年を迎える平成30年には、尼崎城天守閣復元の計画もあるそう。
楽しみですね!

post721_img10

参照:http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=53

 

尼崎城が築かれる際に点在していた寺院を集めた寺町には、今も11カ寺が軒を連ね、国指定重要文化財も多数。尼崎城主や尼崎藩主が祭事や祈願をした神社なども点在しており、歴史好きには興味津々のまち歩きも楽しめます。

post721_img11

参照:http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=53

いかがでしたか?

商業も工業も発展させつつ環境にやさしい街づくりに成功している尼崎。
本当にいろんな顔をもっていますが、ユーモアと人情を大切にする街であることは、これからもきっと変わらないのでしょうね。